育毛
ネット通販 抽選 無料

髪に役立つ栄養素A

発毛のもととなるビタミンB6
髪の毛というのはたんぱく質の塊です。
主成分の硬タンパク質ケラチンがうまく作られていないと、 髪の毛が生えても細くて弱々しい毛で薄く見えてしまいます。
それを防ぐ為にもビタミンB6が必要です。

『 ビタミンB6の働き 』
ビタミンB6は、アミノ酸を組み合わせてたんぱく質をつくりだす酵素の働きを助けるビタミンです。
その為、ビタミンB6が不足してしまうと良質なたんぱく質が出来ず髪の毛が細くなるだけでなく 皮膚炎や口内炎などさまざまな弊害が起こる可能性があります。
他にもビタミンB6には脂質の代謝を促し、脂肪が貯まるのを防いだりします。

どのくらいとればいい?
ビタミンB6の一日の所要摂取量は、男性で1.6mg、女性で1.2mgです。

下にビタミンB6を多く含む食品を挙げました。
ミナミマグロ(赤身)1.08mg
鶏むね肉(皮なし)1.06mg
カツオ 0.87mg
豚もも肉(脂身なし)0.49mg
牛レバー 0.89mg
鶏レバー 0.65mg
真イワシ 0.44mg
ブ リ 0.42mg
ア ジ 0.40mg
ジャガイモ 0.24mg
バナナ 0.38mg
アボガド 0.32mg

ビタミンの吸収を助ける亜鉛
ミネラル分は人間にとって必要なものですが、その中でも亜鉛はとても大切なものです。
亜鉛が不足してしまうと以下のような症状が出ます。

・風邪をひきやすくなり、治るのも遅くなる
・男性の性的能力が減退する
・抜け毛が多くなる
育毛を志すひとにとって、亜鉛はとても重要なのです

『 亜鉛の働き 』
別項でビタミンは髪に必要だという事を書きましたが、 そのビタミンの吸収を助ける働きをするのが亜鉛です。
ビタミンを効率よく吸収するには、胃酸が多く、その酸性度が強い事が条件です。
その胃酸を作るのに必要なのが亜鉛であり、亜鉛が不足している人は育毛に必要な栄養素が十分に吸収できず 髪の毛が細くなり、ハゲやすくなりがちです。

どのくらいとればいい?
亜鉛の一日の必要摂取量は、成人男性:12mg、成人女性:9mgです。

以下に亜鉛を多く含む食品を挙げます。

かき(小2個)28mg
和牛もも肉(80g)3.6mg
豚レバー(50g)3.45mg
豚もも肉(80g)2.32mg
ホタテ貝(70g)1.75mg
アーモンド(30g)1.44mg
鳥ささみ(40g)0.96mg

亜鉛は体に必要不可欠な栄養素ですが、取り過ぎると逆に体の免疫力などを下げてしまう恐れがあるので、 過剰摂取は禁物です。